株初心者のための株取引入門サイト。主婦や学生まで儲けることができる株取引についてを初心者にむけて分かりやすく教えていきます!

証券会社選び

Point.1
証券会社選び
株式を売買するためには、まず証券会社に口座を作らないといけません。
そこでここでは証券会社の分類について大まかに説明します。
証券会社を選ぶ際には、大きく分けて2つに分類することができます。
1つ目は、従来型証券会社です。
ここでいう従来型証券会社とは、駅周辺などに店舗を構えている場所のことを指します。
店舗型証券会社と呼ぶことも出来ます。
最寄り駅若しくは沿線の急行停車駅には1つはあると思います。
(イノシシとかでるところだったら勘弁してくださいね。流石にないかもね。)
ここは投資家自らが出向いていくか電話などによって注文をだしていくタイプの証券会社です。
こうしたタイプの証券会社営業時間は、大体9時~17時といったところです。
2つ目はインターネット型証券会社
インターネットの普及とともに最近の個人投資家の多くはインターネット型証券会社を利用しています。
(当然、管理人も利用しています)
なんといっても、投資家の好きな時間に注文を出せるし、
わざわざ電話をかけて担当者とごちゃごちゃ話さなくてもいいわけですから、手間はかかりません。
例えば、管理人みたいにサラリーマン(悲しーけどヒラリーマン♪。・゜・(つД`)・゜・。)の場合は、
ちょっと仕事中抜け出して、携帯で売買なんてことも死ぬ気になればできますが、
これじゃ、仕事が疎かになっちゃいますよね。
でもこの時間しか取引できないのでは、やらざるをえないってなります。
ちなみに私の同僚は営業で外回りする際、
マンガ喫茶に寄ってネット型証券会社を利用しているそうですが。
こういった人にはこのネット証券はスーパー便利ですよね。
あ、ちなみにネット型証券会社を利用する際に注意事項として、
例えば注文を夜中にしたとしたら、その注文の執行は翌日の取引時間となる
ってことは覚えておいてくださいね。
なお、従来型の証券会社でもインターネットを使って注文を出せるサービスは行っているところがかなり多いです。
どちらがいいかは、その個人個人の価値観やライフスタイルなどによって大きく左右されるところです。
一概には、どちらがいいとは言えません。中には両方を使ってる投資家の方もいらっしゃいます。
...ってなわけで、従来型とネット型については、もっと詳しくご説明しなければなりません。
種類別に詳しく掲載していきますので、是非ご覧になってください。
マネックス証券には、"Money"の一歩先をいく、先進的なサービスがあります。
あなたの投資生活を、もっと豊かに。
SBI証券は、みなさまに選ばれてネット証券No.1
オリコン 顧客満足度ランキング ネット証券会社部門 6年連続 総合第1位
「損をしないこと」を重要視することが 「儲かること」につながるという
「お客様に一番便利な証券会社」を目指しています。
ページトップへ
口座開設ランキング1位マネックス証券